鳥貴族(3193) おすすめ株主優待と株価分析 1月決算銘柄

鳥貴族(3193) おすすめ株主優待と株価分析 1月決算銘柄

株価調整中の今こそ、優待目的で買ってみよう

鳥貴族

鳥貴族ってどんな会社?

焼鳥がメインの居酒屋系焼鳥屋「じゃんぼ焼鳥 鳥貴族」を展開。
「鳥貴(とりき)」の略称で呼ばれています。

メニューは1品298円均一の安さ!

現在500店舗以上を展開しています。黄色い看板をご覧になったこともあると思います。
最大の売りは「一品298円の低価格(税)」という低価格路線で、これが人気の秘訣となっていて、20代中心に人気があります。

鳥貴族 国産

開業当初から味や品質にこだわり、産地直送の国産鶏肉を使用しています。

また新鮮な肉を提供するため、焼き鳥の串打ちは各店舗で行っています。
串打ちは昼間に主婦などのパートタイマーを活用して行うため、原則としてランチ営業はやっていません。現在、使用食材は国産100%となっています。

国産食材

社長の息子が関ジャニの大倉忠義なので有名ですね。

ここのところは出店攻勢も一服で既存店も横ばいと、成長企業としては新しい展開が欲しいところ。
競合の鳥居酒屋業態も増えてきており、消費税増税、原材料価格の上昇、人件費の上昇と逆風が吹いている。
しかし、知名度を生かした2流立地(地下や2階店舗)などへの出店や利益率の高い鳥料理に特化した店舗展開で競合他社と優位に戦っている。また海外出店の可能性もあり。まだまだ成長性には期待できます。

焼き鳥

気になる株主優待内容は?

鳥貴族の株主優待は鳥貴族で使える食事優待券です!

年2回!もらえる

所有株式数に応じて食事優待券がもらえます。

鳥貴族優待券

ご所有株式数ご優待内容
100株~299株年間2,000円相当のお食事ご優待券
(1,000円相当を年2回)
300株~499株年間6,000円相当のお食事ご優待券
(3,000円相当を年2回)
500株~年間10,000円相当のお食事ご優待券
(5,000円相当を年2回)

株主優待の対象の株主は?いつ届く?

2019年1月の権利確定日は1月31日です。優待を受けるためには1月28日までに購入しておく必要があります。

株を買っていつから特典が使えるの?

1月31日基準日の場合
4月頃に発送予定です
利用期間:同年5月~10月末までの半年間

7月31日基準日の場合
10月頃に発送予定です
利用期間:同年11月~翌年4月末までの半年間

ヤフオクで売却もOK

優待をもらっても使わない場合はヤフオクで処分すれば額面程度で取引されているようです。

配当もあるのかな?

2019年1月決算の予想配当はです。7月の予想配当が4ですから、年間の
配当利回りは0.44になります。(12月26日現在)

優待利回りは、100株保有と仮定すると、年間2000円分の商品がもらえるので
1.1%になります。

配当利回りと優待利回り両方で、年間1.54となります。

利回り的にはそれほど高くはありません。成長性に期待したいところですね。

購入金額はいくら必要? 20万円以下で買える!

12月28日終値1814円ですから、100株で181,400円プラス手数料で購入できます。

業績はどうなっている?

参考指標(2019年1月3日現在)

業績推移

売上高営業利益経常利益純利益1株益(円)1株配(円)
単14.7*14,61669083141052.41.67
単15.7*18,6591,1181,082585573.33
単16.724,5091,5951,54798185.86記
単17.729,3361,4571,42696783.68
単18.733,9781,6811,61366257.28
単19.7予37,9501,7441,64574764.518

19年7月期は増収増益予想ですね。

基本情報

主市場東証1部
時価総額(百万円)21,083百万円
売買単位100株
指数採用銘柄TOPIX
東証33業種小売業

財務情報

PER(株価収益率)(倍)31.74倍
EPS(一株あたり当期利益)(円)57.15円
PBR(株価純資産倍率)(倍)3.05倍
配当利回り(%)0.44%
ROE(自己資本利益率)(%)–%
ROA(総資産当期利益率)(%)–%
売上高(百万円)33,978百万円
売上高変化率(%)15.82%
PSR(株価売上高倍率)(倍)0.64倍
海外売上高比率(%)–%
売上高営業利益率(%)4.95%
売上高経常利益率(%)4.75%
売上債権回転率(回)122.16回
経常利益(税引き前利益)(百万円)1,613百万円
経常利益変化率(%)13.11%
自己資本比率(%)36.73%
前期最終損益(百万円)662百万円
有利子負債自己資本比率(%)42.29%
EV/EBITDA倍率(倍)7.33倍
流動比率(%)76.18%
当座比率(%)73.98%
PCFR(株価キャッシュフロー倍率)(倍)10.73倍

指標的には少し割高感がありますが、株価は4000円近くまで上昇したあと調整していますので
買える水準になっていると思います。

チャート

 

 

今回は鳥居酒屋チェーンの鳥貴族をご紹介しました。鳥居酒屋乱立で競争は激しいですが勝ち残り、海外進出をして株主に還元してほしいですね。

 

コメント