キャイーン天野ひろゆきさんの投資法「天野式投資術」とは?

天野ひろゆき4

芸能界で投資芸能人とも呼ばれているキャイーンの天野ひろゆきさんの投資手法を紹介します。
「天野式投資術」とか「アマノミクス」などと呼ばれているようですが・・・
天野ひろゆきさんは一説では資産10億円ともいわれています。
そんな天野ひろゆきさんの投資法について調べてみました。

キャイーン

株式投資歴は11年、資産は10億円のウワサ

天野ひろゆきさんの株式投資歴は10年、1970年3月24日生まれなので2019年で49歳。
38歳から株式投資をスタートしたことになります。

資産10億円のウワサには

天野ひろゆき4

話題になった資産10億円については
「実際にはございません」と笑いながら否定

ということで本人は否定していますが、近い金額はありそうです。

最初は不動産投資からスタート

不動産については、26歳の時に初めてマンションを買っているんですが、もともとは投資というよりも、高い家賃を払い続けるのがもったいなかったというだけのことです。もっとも、ウドちゃんをはじめ周りの芸人は、「まだこの先どうなるかも分からないのに、よくそんな無茶なことをするな……」とさんざん言われましたね。

若い時から金銭感覚はしっかりしていたようです。最初は住むための不動産購入でしたが、転居するときに人に貸したことが不動産投資につながっていったようです。

株式投資のきっかけはリーマンショック

天野ひろゆき2

これまでの日本はやっぱりいい国すぎたんでしょうね。だから、多くの人が銀行に預金さえしておけば間違いないという感覚でいた。けれども、他の国ではお金を自国の通貨だけで持つということに対して、リスクを感じざるをえないんだと思います。日本はそういうことを考えなくていいくらい、しっかりした国だったということですね。だけど僕自身は、他の人が疑問を持たないようなことでも、あえて疑問を持とうとしてきた。だから投資を始めたというところもありますね。

芸能人という浮き沈みの激しい仕事をしながらリスク管理の必要性を感じていたようです。
銀行に預けているだけでいいのかなと思って株式投資に興味を持ち始めているときにリーマンショックがやってきました。

ニュースで100年に一度の金融危機だということを聞いて
「100年に一度なら今が一番チャンスかもしれない」と考えたようです。

しかし、証券会社にすすめられて3銘柄を買いましたが、買ったとたんに急落!!

そのときから、株価の動きに一喜一憂しないようにしようと思ったそうです。

キャイーン天野ひろゆきさんの投資術とは

自分が使っていたり好きな製品がある企業の株、こうした思い入れのある銘柄を数銘柄保有。

こうした思い入れのある銘柄だと、株価が下がってもそれほど気にしないでいられるし、売ったあとも同じ銘柄を買うこともあるそうです。

スタイルは長期投資・一極集中型

スタイルは長期投資(長期保有)ですね。

分散投資ではなく、絞り込んだ銘柄に集中的に投資する、一極集中型の投資スタイルといえます。

天野ひろゆき3

下がっているときの損切はなかなかできない
銘柄と心中しちゃうから、いい時期に始めたけどそんなに「ウハウハ」じゃない

長期投資では、損切のタイミングは難しいですね。大きく下がってしまうリスクは避けられませんから。

それでもテクニカル分析などはやらないそうです。

テクニカル分析はやらない

僕自身はローソク足とかよくわからない。それでやっちゃってるから恐ろしい。

本人の性格もあるのでしょうが、資産形成としての株式投資を実践されているようです。

天野ひろゆきさんは株式投資本も出版されていますね。

天野ひろゆき投資本

天野ひろゆき氏が長期投資(長期保有)ができるのは、芸能人で大きく稼いでいるからでしょう。

日々本業が忙しいし、拘束時間も長い芸能活動をしながらの投資として有効なのだといえます。

この投資法は、本業が忙しいサラリーマンにも有効だと思います。

数銘柄に絞ったポートフォリオの中でリスク分散を図って、できるだけ株価の動きに一喜一憂しないことです。

瞑想

手元資金が大きいほど有利

天野ひろゆきさんは年収が4000万から7000万ほどとのことです。
それだけあれば、贅沢をしなければ、毎年数千万を投資に回すことが可能です。

儲かるときは一気に増やせる投資法ですね。

株式値上がり

今回は投資している芸能人ということで、天野ひろゆきさんをご紹介しました。

「天野式投資術」ともいわれているようです。

長期投資は地味ですが資産形成には有効な方法ですね。

みなさんも参考にしてください。

 

アメリカの大富豪ウォーレンバフェットも長期投資で有名ですね。

投資先のコカ・コーラが大好きらしいです。

コメント